宮崎県宮崎市吉村町の歯医者さん、かまた歯科・かまたキッズデンタルパーク。予防歯科、一般歯科、小児歯科、矯正など親子で通える歯医者です。

歯並びについて
歯並びについて

治療期間について

顔の成長は8割が6歳までに行われます(第1の成長期)。6歳から10歳ぐらいまでは減速し、10歳から2回目の成長スパートが始まります。それが女子で15歳、男子で18歳ぐらいで、ほぼ終わっていきます。
その年齢の成長に追いつくことが治療だと考えています。
床矯正は、患者さんがいかに頑張って装置を入れて、ネジを巻くかで治療の進み具合が違ってきます。(目標は、1日14時間です)しっかり、がんばれば早く効果が出ますし、あまりがんばらないとなかなか効果が出ません。
まさに、主役は「患者さん」です。したがって、いつまでに治療が終わるということは、言えませんが「目標」を立ててガンバっていきましょう。

① ~5才から始めた子

6才までに治療を終えて成長が追いつくのが目標です。 (第1の成長期)
反対咬合(受け口)のお子さんはこの時期に治療を特に勧めています。

②6~9才から始めた子

10才までに治療を終えるのが目標です。10才は2回目の成長スパートが始まる時期でもあり、上顎の犬歯が生える時期でもあります。この時期までに治れば比較的簡単に治ります。遅くても小学校の間に終われるようにしましょう。

③10才~14才(女子)、17才(男子)から始めた子

成長が終わる14才(女子)、17才(男子)までに治療を終了し、成長に追いつきましょう。成長の期間が減っていきますので、出来るだけ早く治すことが目標です。この時期に始めた場合は固定式装置を使うケースが多くなります。その場合の治療の目安は2~3年です。

④14才(女子)、17才(男子)以降から始めた子

成長はすでに終わっています。受験などで忙しくなる前に治療が終われるように各々目標を建てます。治療の目安は2~3年です。


治療費(消費税別)について

当医院で行っている床矯正は、早期に簡単に治してしまえば、治療期間は短くなりますし、使う装置も少なくてすみます。装置が少なくすむということは、治療費も少なくてすみます。
現在、当医院では虫歯がある子が虫歯の治療をするように、歯並びの治療が必要な子はほぼ全員が床矯正治療をするように話をしています。

■矯正検査料

 写真撮影(口腔内、顔貌、全身)、レントゲン撮影、オクルーザー検査、口唇筋力検査、
 インジケーターライン測定、姿勢指導、食事指導   ¥30,000

■床装置(ネジあり)

 ・平行拡大、ファンタイプ、前方拡大、後方移動、閉鎖型など ・・・ 1装置 ¥65,000
 ・同一装置新製更新 ・・・ 1装置 ¥35,000

■床装置(ネジなし)

 ・閉鎖型、咬合斜面板、舌癖除去など ・・・ 1装置 ¥35,000

■ムーシールド

 1装置 ¥45,000

■ブラケット治療

 ¥70,000~

ケースにもよりますが、一般的には犬歯が生える前9~10才までに治療を終えた子は1~4個の装置で治療が可能です。それ以降まで治療が必要な子は4~6個の装置が必要になります。
どんなに装置が多く必要なケースでも費用が80~100万円もかかることはありません。約10万円から治療をスタートできます。
出来るだけ早い時期に治療を終了できるようにしましょう。少ない数の装置で簡単に治りましょう。そのためには機能を高めることが大切です。機能することで装置による治療を少なくすることができます。
早い時期に始める矯正を、顎骨矯正と言って、上記の方法で治療することを勧めます。さらに永久歯が生えそろった時点で、歯並びを良くすることを目的とした場合は、歯列矯正と言って、歯にブラケットを装着してきれいに並べます。詳しくは、スタッフまで。